売却は、空き家という資産を現金化して、他の資産に転換していくという有効な資産活用です!

空き家をそのまま売る?それともリフォームする?

空き家をそのままの状態で売却することを「中古戸建」または「古家付土地」での売却と言います。
この売却方法のメリットは手間がかからない事と、お金の持ち出しがないことです。
「中古戸建」の場合はリフォーム費用、「古家付土地」の場合は解体や造成、分筆・測量等の費用は全て買主側の負担となります。
そのため、その費用、その他のリスクは買主側にありますから、売却価格は他の販売方法より安くなります。
お金や手間をかけたくない、安くても面倒なことなしに空き家を活用したいという方にお勧めのです。

空き家は無作為の放置ではなく計画のある保守管理を!

売るか貸すかは状況次第で決めましょう

空き家の老朽化を食い止め、資産価値を維持するためには、適切な空き家管理を行うことが大切です。
今すぐはいいから時期が来たら売却すればいいやと考えているオーナー様は結構いらっしゃいますが、建物は放置するとどんどん、資産価値が減ります。
売却する時になって初めて、手入れをきちんとしておけば良かったと後悔なさる方も多いのです。
空き家をただ放置するのではなく、将来資産運用できる優良物件への保守やリフォームをご提案します!

契約や住宅ローンについてもおまかせ下さい!

早急に売却したい方も安心!

貸す・売る・管理することができます。 売ると決めて工事した後も、しっかりサポート。
時間や費用の無駄がありません。 地元不動産業者との強い連携で契約や住宅ローンについてのご相談もサポートします。
相続した不動産の場合や、遠方への転居などで時間的に大変な方の場合も、早急に売却することが可能です。
当社が直接の買主ですので、広告などによる売り出し期間がありません。
売りたい時にすぐ売れる、それが当社の土地活用のメリットです。

売りたいと思ったらここに注意して売却を検討してみましょう!

売ると決めたらこれをやっておこう!

空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。
その空き家は売ることが可能なのか?売る以外に活用方法はないか?売るか活用するか判断する。
売ることが可能かどうかを把握することが最初にやるべきことになります。
売りたいと思っていても需要がなければ売りようがありません。
不動産の売買は需要があって初めて成り立つものです。果たして売れる物件なのかどうかは最初に知るべきものとなります。
売る以外に活用方法はないか模索してみることは大事です。
家の状態が悪くなければ賃貸に出すことも可能になります。
住めないような古家だったら解体して駐車場や貸地としても活用ができます。
もし、長期間の賃貸ができれば売るよりかは断然収益が上がります。
その地域の特性なども踏まえて、賃貸で活用できるようでしたら前向きに検討してみましょう。

売却するには保守、改修、場合によってはリフォームしないと売れないことが!
売却できないままだとオーナー様にとってあてにしていた現金が入らなくて将来設計が立ち止まる可能性があります。
優良資産への転用はぜひご相談は工事が出来る弊社、すまいる工房へ!オーナー様のご要望にお応えできます!