空き家を入居者希望風にリフォームし、公共的施設や販売店舗など多用途に貸して家賃収入を得よう!

今より高い価値の物件へ転用して上手に貸そう!

保育施設や介護施設、古民家カフェ、販売店舗、サークル活動、コミュニティスペースなど、用途は借りる側によって変わりますが、空き家を事業者に貸し出し、家賃収入を得る方法は居住用賃貸と同じです。
ニーズが高まっているのが入居者の希望に合わせてリフォームするという手法です。
店舗や事務所物件は一番費用がかさむ水回り設備が少ないためリフォーム費用は比較的安く抑えられます。
相手は事業者なので、契約方法も普通借家契約と定期借家契約を選ぶことができます。
ただし、普通の住宅を事業用に使うとすれば改装を可能にするなど、柔軟な契約に対応できるほうがニーズは高まります!

空き家こそリノベーションで有効活用しましょう!

その空き家、綺麗にしませんか?

誰も住まなくなった空き家はリノベーションを行って、賃料を生み出す優良物件にしましょう。
小規模の改装を行うリフォームとは異なり、リノベーションは大規模な工事を行うことになります。
将来的に人へ貸すものですから中地半端なものでは借り手はつきません。
リノベーションはプロの工務店であるすまいる工房にお任せ下さい!
オーナー様が空き家に悩んだ時から優良物件として人に貸すまでを一貫して管理、保守、リノベーションなど全て行います!
中間業者を通さないので無駄な費用をかけずに済みますし、何かあればすまいる工房に全てご相談頂けますのでオーナー様は安心です!

工務店だからこそ、空き家の維持や管理、修理修繕をおまかせ!

賃貸住宅としての対策をどうする?

人が住めるような状態にリフォームして貸しましょう。
または、借主が自由にリフォームして良いという賃貸法もあります。
退去時はそのままの状態で退去できるというものです。
こういう斬新な賃貸方法も空き家を貸すには必要なことです。
賃貸であれば賃料収入が入るうえ、不動産という資産を保有し続けることができます。確かに維持費はかかりますが、それを上回る賃料収益が上がれば問題はないわけです。
今のうちから賃貸住宅としての対策を整えておいて大きくなる一方の空き家のリスクを回避しておきましょう。
すまいる工房は一貫して何から何まで全て自社でリフォームができます。
工務店だから空き家の維持や管理、修理修繕が簡単で、オーナー様からのご要望に対応が早く、ご要望に即座にお応えいたします。
建物の構造や間取りを含め、より良い機能的な建物のへの変更の提案も可能です!
是非お気軽にご相談下さい!

様々な可能性で空き家を賢く運用しましょう!

どうするか迷ったらまずは貸すのが得策!

まず誰かに貸してしまいましょう。貸してしまうと言ってもこれにも色んな方法があります。空き家バンク、シェアハウス、民泊などがあります。
今、人気であるシェアハウスに空き家は最適です。
地方にある空き家は1人で住むには広すぎるため誰かとシェアして住む方が賃料も折半出来ますし都合が良いのです。
シェアハウスであれば1人以上入居者が居れば賃料を徴収することが出来るので集合住宅のように空き部屋対策をする必要もないのです。
最近、訪日外国人も増加しており問題となっているのが宿泊施設不足です。
ホテルや旅館では足りなくなり、空き家を民泊として活用してしまうのもありです。
民泊として経営するには旅館業の手続きが必要になり物件の管理ももちろん行わなければなりませんが、こういった用途は着手しやすいです。

改装についてのご相談もぜひおまかせ下さい。
オーナー様だけでなく、利用予定のクライアント様の様々なご要望までを直接伺い、ご双方様のご希望に合わせることが、専門のプロ集団、すまいる工房なら出来ます!
ご不明な点はまずはお問い合わせください。