最善の住まいのあり方を見直しませんか!?「最終的には住み慣れた我が家で」という要望も多い住み替えビジョンをご提案します!

空き家を自宅、別荘、終の棲家に有効活用!

現在の自宅と空き家を、入れ替えて活用しませんか!?
例えば現在の自宅をそのままもしくは簡単に補修して賃貸として活用し、空き家の方は自分で住むなら、賃貸ほど手直ししなくても構わないことを考慮すれば、今の自宅を賃貸して、自分は空き家に住むという方法で賃貸経営ができます。
空き家を終いの棲家として、補修の際にバリアフリー化するとか、いっそ半分をやりたかったカフェとかお蕎麦屋さんにするとか、夢の実現場所にもできます!

住み慣れていた街に戻って空き家を終の住処にする方法があります!

一番簡単な空き家対策は!?

住まなくなった持ち家の有効な活用法を模索中ではありませんか?
持ち家を持っているが今はもう誰も住んでいないのでどうしようか悩んでいるという方は、その持ち家を有効に活用するようにしましょう。
誰も住んでいない持ち家の活用法としていくつかありますが、その中でも一番手っ取り早いのはリフォームして自分で住むという方法です。
故郷なので異国の地に住むのとは訳が違い、慣れ親しんだ場所で第二の人生の出発点として空き家に住むという選択肢があります。
住むだけでも良いですし、何かやりたかったことと兼用でも良いですし、使い方は自由自在。
人に売ったり貸したりするのと違って、リフォームなら全て自分好みにレイアウトできます。
一から土地を買って建物を建てるのと比べれば費用は格段に安く済む分、リフォームに贅沢に予算を組めます。
「こういう家に住みたかった!」をすまいる工房は実現させて頂きます!

持ち家推進政策で優遇税制を知っていないと損ですよ!

今さら聞けない空き家活用法!

空き家に住むメリットは、自分が住むと空き家が自宅となり、いつか売るとなってもマイホームについてのさまざまな特例を利用することができることです。
空き家が非常に地価の高いエリアにあり、いつかは売るなら、土地の含み益はかなりの額になります。
そこで自宅として住み、「居住用財産の3,000万円特別控除」の特例の適用を受けるのです。
この適用を受けられれば売却益から最高3,000万円が差し引かれ、手取りが最大1,200万円違ってきます。
自宅は持ち家推進政策で、優遇税制があります。
取得時の税金や所有しているときの固定資産税が優遇されるだけでなく、 売却したときの譲渡益に対する税制も違います。
これは自宅を住み替えるたびに発生する譲渡益を無税にすることで、資産形成する方法です。
含み益のある空き家があるなら、そこにいったん住むというのも、ひとつの有効な手段なのです。

セカンドハウスで賢く特定空き家対策できます!

セカンドハウスもいいかも!?

空き家を自宅またはセカンドハウスとして使います。
今の住んでいる家を手放すことになり、場合によっては環境が大きく変化するかもしれないのでなかなか決断を出来ないものですよね。
セカンドハウスも2つ目の家を持つことと一緒で空き家であることには変わりないです。
定期的に利用をするのですから管理がされていないといけないでしょう。
空き家対策特別措置法による行政指導では、年間で利用実績がない家を空き家と認定してしまいます。
ですから1回でも利用があればその対象外になります。
自分で使わなかったとしても子供や孫の世代で使うこともあるので残しておいてもいいかもしれません。
ぜひその手入れまですまいる工房へお任せください!

どの程度の補修、リフォームが必要かぜひご相談下さい!
経験豊富な職人を取りまとめ、複数の作業も一貫して進められるよう手配いたします。
オーナー様のご予算や将来設計に合わせたご提案をさせて頂きます!
実際に工事を受け持つことができるすまいる工房なら、様々なプランをご用意できます!