空き家を負の遺産にして困るのではなく、管理から保守、修繕、リフォームなど積極的運用でメリットを生む優良資産へ!

ただ置いておくだけではなく、空き家を有効に活用しよう!

相続などで手にした空き家。でも今すぐそのまま住むわけでもないし、管理にも行けない。
そんな空き家でお悩みではありませんか?
特定空き家法に指定されてしまうととんでもない出費と罰則が!どうしよう!そんな空き家の管理に困っていたら、空き家の保守、管理、修繕、修復、リフォーム、なんでもすまいる工房におまかせ下さい!
一貫工事で適正価格でサポートさせていただきます。
空き家をそのまま負の遺産にするのではなく、有効活用して利益を生む優良資産にしましょう!

最善の住まいのあり方を見直しませんか!?「最終的には住み慣れた我が家で」という要望も多い住み替えビジョンをご提案します!

空き家を自宅、別荘、終の棲家に有効活用!

現在の自宅と空き家を、入れ替えて活用しませんか!?
例えば現在の自宅をそのままもしくは簡単に補修して賃貸として活用し、空き家の方は自分で住むなら、賃貸ほど手直ししなくても構わないことを考慮すれば、今の自宅を賃貸して、自分は空き家に住むという方法で賃貸経営ができます。
空き家を終いの棲家として、補修の際にバリアフリー化するとか、いっそ半分をやりたかったカフェとかお蕎麦屋さんにするとか、夢の実現場所にもできます!

売却は、空き家という資産を現金化して、他の資産に転換していくという有効な資産活用です!

空き家をそのまま売る?それともリフォームする?

空き家をそのままの状態で売却することを「中古戸建」または「古家付土地」での売却と言います。
この売却方法のメリットは手間がかからない事と、お金の持ち出しがないことです。
「中古戸建」の場合はリフォーム費用、「古家付土地」の場合は解体や造成、分筆・測量等の費用は全て買主側の負担となります。
そのため、その費用、その他のリスクは買主側にありますから、売却価格は他の販売方法より安くなります。
お金や手間をかけたくない、安くても面倒なことなしに空き家を活用したいという方にお勧めのです。

空き家を入居者希望風にリフォームし、公共的施設や販売店舗など多用途に貸して家賃収入を得よう!

今より高い価値の物件へ転用して上手に貸そう!

保育施設や介護施設、古民家カフェ、販売店舗、サークル活動、コミュニティスペースなど、用途は借りる側によって変わりますが、空き家を事業者に貸し出し、家賃収入を得る方法は居住用賃貸と同じです。
ニーズが高まっているのが入居者の希望に合わせてリフォームするという手法です。
店舗や事務所物件は一番費用がかさむ水回り設備が少ないためリフォーム費用は比較的安く抑えられます。
相手は事業者なので、契約方法も普通借家契約と定期借家契約を選ぶことができます。
ただし、普通の住宅を事業用に使うとすれば改装を可能にするなど、柔軟な契約に対応できるほうがニーズは高まります!

住宅資産の有効活用の可能性・必要性について、ぜひわれわれプロにご相談下さい。
空き家はそのまま放置が一番損をします!空き家オーナー様にとってメリットや収益を生む優良資産へとすまいる工房が有効活用をご提案いたします。
ぜひプロの集団へご連絡下さい。