人がいない建物で、一定の条件に該当した空き家は「特定空き家」。指定されると行政処分される可能性が!!

「特定空き家」の判断基準を具体的に知っておこう!

空き家かどうかの判断基準は「年間を通じて建物の使用実績がないこと」が目安になります。

  1. そのまま放置していると倒壊など保安上の危険となる可能性のある建物
  2. そのまま放置していると衛生上有害となる可能性のある建物
  3. 適切な管理がされていないがために景観を損なっている建物
  4. 周辺の生活環境を守るために放置してはおけないと判断された建物

心当たりはありませんか!?
該当していたら行政から処分があり可能性があります!

年間を通じて建物の使用実績がない特定空き家とされないように今すぐ管理はすまいる工房へ!

特定空き家に指定されたら所有者はもう大変です!

「特定空き家」と見なされると、強制的に撤去され、その費用お請求されますし、更地になって税金も上がってしまいます。
やはり空き家と言えども、定期的に管理する必要はあります。
きちんと維持管理しておけば、資産価値もある程度は維持できて、売る時や賃貸に出すときも楽になります。
特定空き家に指定されたらオーナー様にとってこんなに不利益なことはありません。
空き家の管理、修繕、のフォームはぜひすまいる工房へご相談下さい!

特定空き家の基準にならないための対策を講じましょう!

特定空き家になるかならないか

特定空き家の基準に達しないために改修やリフォームをおすすめします。
計画期間も、建築家で建てる家ほどはかかりませんので、仮住まいの費用も抑えることができます。
工務店でリフォームする一番のメリットは、コストパフォーマンスの良さということです。
空き家は放っておくと、老朽化が著しく進むため、リフォーム・リノベーションを将来的に行う場合にも、老朽化の進行度に比例して、高額になります。
それを最小限に抑えられるというメリットがあります。
また、隣家に対しての迷惑軽減もできます。
いずれにしても空き家を売るに際しては、まずは現況を把握して売り出し方を決めることです。
どうせ売るなら少しでも高く売る工夫をすることです。

特定空き家の基準をクリアするにはリフォームが一番!

空き家の現況を知っておきましょう!

処分に困った空き家を売りたいと思ったら先ずは空き家の現況を把握しておきましょう。
手入れをすれば住める状態なのか、それとも崩れ掛かっているほどの古い家なのかなどです。
築年数にもよりますが一般的な住宅の価値は30年で無くなると言われています。
もちろん、30年を過ぎても立派な景観を保っていて住むのに問題のない家もあります。
しかし、築30年を過ぎればほとんどの家が何らかの不具合を抱えています。
手入れをすれば十分に住める場合にはリフォームをして見た目にも機能的にも整備をしておくことです。
リフォームにかかる費用は売買価格に上乗せすればいいので損をするということはありません。
買い手よっては自分で好きなようにリフォームしたいということもあります。
そんな管理からリフォームまでをすまいる工房がお助けいたします。
綺麗にリフォーム、リノベーションをして、収入を生む優良住宅にしましょう。

「特定空き家」に指定されないためにも、転ばぬ先の杖!
空き家の管理から保守、修繕まであらゆる面倒なことはすべて弊社におまかせ下さい!
オーナー様の心配をすべてサポートします!特定空き家に指定されないノウハウを我々は熟知しておりますので、お客様の大切な資産をお守りいたします。