四国4県はなんと今、「空き家率の高い都道府県ランキング」の上位を占めています!空き屋対策は必見です!

今、日本の空家が問題に!
空家の放置は非常に危険!!

ずっと放置したままで建物の倒壊の危険があったり、適切な管理がなされずに景観を損なったりするなど、近隣住民に迷惑な空き家は『特定空き家』と国から認定されてしまいます。
適切な管理を求める各自治体の勧告を受け入れない場合、住宅用地特例の対象外となってしまうことも。
固定資産税が6倍、都市計画税が3倍に跳ね上がり、税金の負担が重くのしかかります。
なおかつ何も対策しない場合は空き家を強制撤去、つまり行政代執行し、撤去費用が持ち主に請求されるなど強硬手段がとられてしまいます。

2033年に日本の総住宅数の7100万戸のうち2150万戸が空き家に!? 空室率は30.2%!3軒に1軒が空き家になってしまうかも!

日本の空き家事情がこんなことになっていた!

空き家の割合は7軒に1軒でも、野村総合研究所が2015年6月15日に発表した予測データによると、 住宅の解体や除去などが進まない場合、2033年には日本の総住宅数が7100万戸、そのうち2150万戸が空き家になるとされています。
空室率はなんと30.2%。3軒に1軒が空き家になるという驚くべき現状です!
空き家のオーナー様、ご存知でしたでしょうか?
あくまで予想と鷹をくくつていたら特定空き家法のようにどんどん法整備されていくかもしれません。
早いうちに空き家対策をして、優良資産へと転用しましょう!

空き家の放置は建物の老朽化による倒壊・破損・散乱や不法侵入、いたずら、不審火などのリスクが発生!

空家を放置するとどんな問題が起こる?

空き家をそのままに放置すると、放火による火事、不審者によるいたずらや落書きなど、犯罪の標的にされかねません。
さらには老朽化で躯体を維持できず、建物が倒壊したり、外壁や瓦などの落下など危険が出てきてしまいます。
もし落下物が他人に被害を与えた場合、オーナー側は損害賠償を請求されることも有り得ります。
何も手を付けないままだとリスクばかりが上がって、資産価値はどんどん下がる一方なのです。
空き家の放置はオーナー様にとって不利益をもたらしてしまいます。

空家を売却し換金!建物をそのまま活用・リフォームし、収益アップ!建物を建築し、賃貸収入を得る!

空き家を「直す」「売る」「貸す」活用方法!

空き家には、「売却」「賃貸」「直す」の活用方法があります。
所有される空き家の状態や、将来的にどうしたいのかという意向によって、活用方法は異なります。
売却する場合、建物を解体するのかリフォームするのか、また、賃貸の場合は事業所などへの活用をするのかなど、様々な運用方法があります。
治す場合は入居者が住みたくなる、または事業所として使用したくなる建物へ変える必要がありますから、ぜひ、我らすまいる工房へご相談下さい。

何もしないまま空き家を放置し続け、万一特定空き家になってしまうと、固定資産税が大幅に上がり、命令に従わなければ強制撤去の可能性があります。
特定空き家の認定を受ける事は他人事ではありません。
そうなる前に賢く事前に空き家対策を講じましょう!まずはご相談からご検討されませんか?
ご遠慮なく、ご相談ください。