空家のまま何もしていないと「特定空家」に!!そんな特定空家等にならないようにするには管理をすることが必要です!!

なぜ空き家が増加!?実はこんな理由があった!!

老朽化した建物は倒壊や放火の危険性があるだけではなく、様々な犯罪の温床になる恐れまであります。
所有する土地建物を適切に管理しないということは、その地域にとって大きな損害を与えます。
しかし、不動産を管理するには費用がかかる為、管理委託に消極的になってしまいます。
条例が制定されている地域で管理物件を放置し続けると、氏名・住所の公表や管理改善の命令、強制的な取壊しの行政処分などの可能性があります。
そのような事態にならないよう、事前のご相談をぜひ弊社へ。
オーナー様にとって最適のプランをご提供いたします。

「持ち家」負債時代の対処法、大丈夫ですか?亡くなったあとの相続問題である空き家!持ち家のある子世代にとっては、早急の課題です!!

せっかくの遺産相続物件、これからどうする!?

実家という空き家不動産を相続した場合、相続の権利を持つ人全員で誰が何をどれだけ相続するか遺産分割協議します。
相続財産に関する決定は相続の権利人全員で同意する必要があり、相続された実家は何も手を付けられず放置されてしまうケースが。
相続した実家を管理する責任は相続の権利がある人全員にあり、実家に住むのなら、相続税が軽減される特例などがある一方、住まないのであればメリットがありません。
不要になっても簡単に捨てられず、負の遺産としてデメリットがのしかかることが!

入居者の募集から手配、場合によっては売却まで全面的にサポートいたします。事業所へのリフォームも弊社におまかせ下さい!

転ばぬ先の杖!入居者手配から売却までおまかせ!

いざ誰かに貸したいと言っても、何をどうしたら良いのかわからないままだとどんどん時間ばかりが過ぎていき、空き家の資産価値がどんどん下がってしまいます。
入居者の手配から、建物の保守、リフォームなどもすべておまかせ下さい。
入居者が「ここに住みたい!」と思うような建物にリノベーションすることも可能です!
どのような工事でも全て一貫してご対応いたしますので、見積もり額の確認など通常の工事中にもぜひご相談ください。
工事途中の追加も可能です!

相続したものの所有している家屋のことが気になっていても、距離的な関係でご自分で管理できない方は、ご相談下さい!

相続?放棄?事前のご相談でリスクを回避!

住んでもいない空き家に費用がかかるのは、精神的に負担です。
しかし、自分の管理できない状態だからこそ、費用をかけて管理しなければ、周りに迷惑をかけたり、老朽化して使いものにならなくなったりし、特定空き家とされてしまう可能性も!
維持費用は無駄な費用ではありません。
管理されていない空き家は資産価値が下がるだけです。
今は使わなても、空き家を活用して資産運用を考えることができます。
放置された空き家と、すぐに使える空き家では大きな差があるのです!

特に弊社のリフォーム、リノベーション、改修工事等のプロフェッショナル「すまいる工房」をぜひご活用下さい!
単なる管理だけのところと違い、建物の専門家として実際に建物の細部まできちんとチェックし、修繕が必要な場合はすぐに対応いたします。オーナー様の資産をご要望に応じて価値の高い優良物件へと衣替えいたします!!